トラブルシューティング - Office 2007-2013 オールドスタイルメニュー

Office 2007-2013 オールドスタイル メニュー

ホーム > 技術情報 > トラブルシューティング

 

 

トラブルシューティング

1. アドインをインストールしたが、[メニュー]タブが追加されない。
2. 余分なタブが残っているが、これを消したい。
3. プライマリ相互運用アセンブリはどのようにインストールするのか。
4. .NET Framework 3.5はどのようにインストールするのか。

 


 

 

1. アドインをインストールしたが、[メニュー]タブが追加されない。

[回答 1] .NET Framework 2.0 や .NET プログラミングサポートなど、必要なコンポーネントがインストールされているかどうかをチェックしてください。

[回答 2] Office 2007/2010 は 32 ビット (x86) 版のみサポートしています。64 ビット (x64) 版ではメニューが表示されません。最近は Windows は 64 ビット版がプレインストールされているケースが増えてきていますので、Office も 64 ビットをインストールできる環境が整ってきていますが、マイクロソフト社の推奨では、Excel で巨大なスプレッドシートを使うなど特殊な状況を除いては、32 ビット版を WOW64 でインストールするよう推奨していますので、通常のプレインストール パソコンでは 32 ビット版が多いものと思われます。Office が 32 ビット版か 64 ビット版かを見分けるには、レジストリキーを見る必要があります。詳細は Microsoft TechNet の「64 ビット版の Office 2010」を参照してください。

[回答 3] [<アプリケーション>のオプション] の [アドイン] 部分の設定確認を行ってください。

※ 正しく追加されている場合、アプリケーションのオプションの [アドイン] の部分で、[アクティブなアプリケーション アドイン] の部分に [オールドスタイル メニュー アドイン] の項目が表示されています。正しく追加されていない場合は、[アクティブでないアプリケーション アドイン] または [無効なアプリケーション アドイン] に項目があるか、またはいずれの項目にも含まれていません。

 

[アクティブでないアプリケーション アドイン] の項目に入っている場合は、[COM アドイン] の設定を行い、[Office 2007-2013 オールドスタイル メニュー アドイン] にチェックを入れてアクティブにしてください。

 

[無効なアプリケーション アドイン] の項目に入っている場合は、[使用できないアイテム] の設定を行い、[Office 2007-2013 オールドスタイル メニュー アドイン] を有効にしてください。

使用できないアイテム

 

※ Office 2007-2013 オールドスタイル メニュー アドインという名前で入っていなくても、.NET Framework (mscoree.dll) のファイル名が別のアドイン名として登録されている場合、これを有効にする必要があります。

 

[回答 4] 同じ PC で複数のユーザーをログオンさせている場合、Office 2007-2013 オールドスタイル メニュー アドインをインストールしたユーザー以外は、既定の状態でメニューの表示がOFFになっています。初回利用の前に、設定画面のページの手順に従って、メニューの表示をONにしてください。

 

どの項目にも入っていない場合は、Office 2007-2013 オールドスタイル メニュー アドインを再インストールしてください。

 

 

2. 余分なタブが残っているが、これを消したい。

[回答] Office 2007/2010 でもともとあったタブは消すことができます。設定画面のページの手順に従ってください。

 

 

3. プライマリ相互運用アセンブリはどのようにインストールするのか。

[回答] プライマリ相互運用アセンブリ、または .NET プログラミングサポートは、Office 2007/2010 に含まれています。既定の状態では、すでにお使いのコンピュータにインストールされています。インストールされていることを確認するには、以下の手順に従ってください。

 

  1. コントロールパネルを開き、 [プログラムと機能] (または、[プログラムの追加と削除]) を開きます。
  2. Office 2007/2010 のプログラムを選択し、[変更] をクリックします。
  3. [機能の追加/削除] を選択して [次へ] をクリックします。
  4. [インストール オプション] の中のツリーから、各アプリケーションの中身の項目を展開します。[.NET プログラミング サポート] が [マイコンピュータから実行] (ハードディスクのアイコン)になっていることを確認します。Excel, PowerPoint, Word, Outlook のそれぞれについて確認してください。


    ※ 画面は Office 2007 の場合です。Office 2010 もほぼ同様です。

 

[.NET プログラミング サポート] が [インストールしない] になっている場合は、[マイコンピュータから実行] に変更します。その上で [次へ] をクリックします。Office 2007 の CD-ROM が必要になる場合があります。

 

 

4. .NET Framework 3.5 はどのようにインストールするのか。

[回答] マイクロソフトの Web からダウンロードします。

 

↑ページトップ

 

お問い合わせ先

(C) 2008-2014 あでもく, all rights reserved.

inserted by FC2 system