Outlook における利用画面 - Office 2007-2013 オールドスタイルメニュー

Office 2007-2013 オールドスタイル メニュー

ホーム > 利用イメージ > Outlook における利用画面

 

 

Outlook における利用画面

Outlook 2007では、フォームによって出てくるメニューやツールバーの配列が多少異なります。また、Outlook 2003 では異なるフォームでもメニューをある程度共通化して持っていたので、特定のフォームではグレーアウトして使えなかったメニューというものも存在します。

※ このページのスクリーンショットは Outlook 2007 ですが、Outlook 2010/2013 も同様です。

 

以下はメール編集フォームの場合です。メール編集フォームの場合は[メニュー]タブが追加され、以前のバージョンのメニューが再現されます。メール編集フォームの場合は、Word 2003ベースの Word メールと、Outlook 2003 ベースのフォームのいいとこ取りをした形になっています。

Outlook 2007

[ファイル]メニュー

[ファイル]メニュー 

[ファイル] メニューはほぼ完全に再現されています。過去に開いたファイルの履歴は Office メニューをご利用ください。

[送信先]の中身で[回覧先]や[オンライン会議]などいくつかの項目がなくなっていますが、これらはいずれもあまり使われていなかった項目ではないでしょうか?

[ファイル検索]もなくなりましたので、Windowsエクスプローラの検索を使ってください。

 

[編集]メニュー

[編集]メニュー 

[編集] メニューは最下段の[リンクの設定]がなくなっています。そのほかはほぼ完全に再現されています。

 

[表示]メニュー

[表示]メニュー 

[表示] メニューはまず、[作業ウィンドウ]、[ツールバー]の表示非表示はメニューがありません (2007で仕組みが変わったため)。

 

[挿入]メニュー

[挿入]メニュー 

[挿入] メニューは、[図]メニューのカスケードメニューの中の図形やワードアート、[定型句]メニュー、[記号と特殊文字]メニュー、[テキストボックス]メニューについては、2007形式の便利なメニューになっています。

オートシェイプは図形、図表はSmartArtという名前になっています。スキャナやカメラから取り込んだ図を挿入するメニューはなくなりました。

 

[書式]メニュー

[書式]メニュー 

[書式] メニューは、最下段の[オブジェクト]がなくなっています。

[文字種の変換]や[テーマ]は、2007形式の便利なメニューになっています。

[背景]→[ページの色]など、用語が一部変わっています。

 

[ツール]メニュー

[ツール]メニュー 

[ツール] メニューは、[音声]メニューによる音声認識機能がなくなりました。

[マクロ]カスケードメニューでは、Script Editorの呼び出しはできません。

[ユーザー設定]メニュー、[オプション]メニューはすべて[編集オプション]メニューにまとめられています。

 

[罫線]メニュー

[罫線]メニュー 

[罫線] メニューは Word 2003 相当のものがほぼ完全に再現されています。

 

[アクション]メニュー

[アクション]メニュー 

[アクション] メニューは、Outlook 2003と比べるとだいぶ項目数が減っているように見えますが、Outlook 2003 でもグレー表示で選択できないものが多数だったので、実質動作したのはこれくらいの数でした。

 

[ヘルプ]メニュー

[ヘルプ]メニュー 

[ヘルプ] メニューは、[Officeアシスタント]メニューがなくなっています。[カスタマフィードバックのオプション]は[プライバシーオプション]という名前になっています。

 

Outlook 2010 のメインウィンドウのメニュー

Outlook 2010 では、メインウィンドウのメニューもリボンになっています。Office 2007-2013 オールドスタイル メニューは、メイン画面のリボンも元のメニューに戻すことができます。

Outlook 2010 のメインウィンドウのメニュー 

 

↑ページトップ

 

お問い合わせ先

(C) 2008-2014 あでもく, all rights reserved.

inserted by FC2 system